What's "任天論"

「ビデオゲーム」とは,先端エレクトロニクスと人間の根源的なエンターテイメント精神を融合した究極の2.5次元「娯楽」。「ゲーム業界」とは,並立するアーキテクチャホルダーと独立したコンテンツサプライヤーと初期集中型の消費者の集合。そして「任天堂」とは,京都における独特の経営スタイルと天に任せられた運から成る唯一無二の娯楽メーカー。

ビデオゲームは,少資源国日本において輸出率の高い,数少ないコアコンピタンスであり,高次の財です。それがどのように作られ,どのように遊ばれるべきなのか,日本経済の明日をも決める重要な論題であります。

このブログは,WiiとNintendoDSの情報を中心に,「任天堂」という視点からゲーム業界全体を見据え,考える「任天論」を展開したブログであり,任天堂好きの日記のような側面も往々にしてあります。任天堂好きだからこそ,無批判であってはならないというスタンスから,わりと厳しい内容になっています。

■ 姉妹サイト Satellaview Heaven -サテラビューヘブン- もよろしくお願いします! ■

2007年11月19日

スーファミコントローラ型クラコン

クラブニンテンドー今年のプラチナ会員特典は,
スーファミコントローラ型クラコン。

スーファミ崇拝者の私としては,これは実に嬉しい限り。
締め切りが結構早いので,皆さん忘れずに申し込みましょう
posted by Madick at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告・宣伝論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

リズム天国 アーケード版やってみた

リズム天国アーケード版をプレイしてきました。ひとりプレイで一度だけですが。私がプレイした筐体は2台一組で,ふたりプレイができるようになっていました。

ボタンは,十字キーとA,Bボタンだが,十字キーは4つの四角いボタンで構成されており,わりと離れているので片手ではかなり押しづらい。

流れとしては…

1,レベル選択(GBA版のレベルと同じ構成で,クリア関係なく好きなレベルから選べる)
2,そのレベルの中から好きなゲームを一つ選ぶ(リミックス以外)
3,クリアすると同じレベル内から違うゲームをプレイできる。「平凡」だとライフが一つ減り,パーフェクトかハイレベルだと減らない。一度クリアしたゲームは選べないが,「平凡」クリアのゲームは再度プレイできる模様。
4,全部クリアするとそのレベルのリミックスが登場
5,リミックスをクリアすると終了

ノリ感の判定が最後に表示され,ランク入りすれば名前入力画面となる。私のノリ感は113程度でしたが,ほとんどプレイした人がいなかったようで簡単に1位になれました。

難易度としては,アーケード版ということもあってやや厳しめに調整されてるようですが「難しくなった」というほどではありません。ですが,画面が大きいことやボタンが大きい,さらにうるさいところだと音楽が聴こえづらいこともあって,GBAと同じ感覚でプレイというわけにはいかないようです。

ところで,ひとつのゲーム内で半分ぐらいまでミスなしでプレイすると,「パーフェクトにチャレンジ」という表示が出ます。これが消えないままクリアすると「パーフェクト」となるみたいです。

1度しか遊んでいないので何とも言えないですが,感想としてはほとんど変わってないなぁという印象です。2人プレイが楽しそうなのでまたやってみたいと思います。

リズム天国
リズム天国
posted with amazlet on 07.09.29
任天堂 (2006/08/03)
売り上げランキング: 329
posted by Madick at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

みんなで投票チャンネル攻略

Wiiチャンネルの一つとして電撃的に『みんなで投票チャンネル』が登場して結構経ちましたが,皆様の投票ライフはいかがでしょうか。ややマンネリ気味なところもありますが,気軽にできるゲームとして私は時々続けています。

せっせと投票に勤しんでいる方も,もう飽きちゃったという方も,投票予想の成績の方はいかがでしょうか。私の的中率はほぼ8割〜9割という感じです。決してめちゃくちゃ高いわけではないですけども,低いということもないでしょう。

私が予想をたてる際のポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

・Wii所有者はゲーマー+ライトユーザー
Wiiはライトユーザーにアピールしたとはいえ,ゲーマーも買っているはずです。ゲーマーにライトユーザーを加えた割合でWiiを所有していると考えるのが妥当。

・Wii所有者は男性が多い
女性にアピールしたとはいえ,男性ゲーマーが多いことは大前提におくべき。予想を立てる際には男性視点を考慮してみるといいかも。

・Wii所有者は都市部に多い
発売当初,大手電機チェーン店に多く出荷されたこともあり,都市部の所有者が多いと考えるべき。「近くに〜がある」などの投票では,都市部を念頭において考えると良いかも。

・投票チャンネルプレイヤーは低年齢も多い
・投票チャンネルプレイヤーは忙しくない人が多い
投票チャンネルを毎日プレイしているユーザーと考えると,時間のあるユーザー,すなわち低年齢か無職,主婦などの層だと考えられる。「どっちが好き?」などの投票で,低年齢ウケするものなどに予想してみると良い。ただし,あまり年齢層にこだわりすぎると失敗する。

・日本の人口は都市部に集中している
・日本の人口は東日本の方が多い
単純に考えて東京と大阪では東京の人口の方が多い。季節ネタの投票などでは,東日本を基準に考えれば当たりやすい。

以上のポイントを主に考慮して予想をたてるようにしています。さらにワールド投票では,

・人口の多い,または出荷数の多い地域を基準に考える
例えば,日本,米国,欧州。
・上記の地域を念頭に考えると,日本と文化がものすごく乖離しているという場合の方が少ないと考えるべき。
すなわち,自分を基準に考えて予想すればそこそこ当たる。

といったポイントを考えると良いと思います。

投票チャンネルはインターネット投票の二番煎じのように思われがちかもしれませんが,各投票結果が,性別,地域で毎回詳細に表示され,しかもプレイヤーは全国幅広い年齢層にわたっているという点で非常に意義のある,ヘタすればマーケティングツールにさえなるかもしれない代物です。

世の中を又聞きではなくデータによって客観的に知る為に,また話のネタとして,時々投票チャンネルを起動してみるのもいいと思います。
posted by Madick at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

スマブラXの新たな収集要素「シール」

スマブラ拳!!

スマブラXに『新たな収集要素,“シール”』とのこと。

色々貼り合わせて一枚の画像として保存できるようで,かなり色々な遊びが展開できそうな予感がします。文字を挿入できるようにしてもらえれば,簡単な漫画を作ることができそうなので,ネット上に簡単にアップロードできるような仕組みを作れば面白そうです。

これだけのキャラクターの画像を自由に使用できてしかも使用許可をとらなくてもいいという状況は後にも先にもなかなかないことだと思います。スマブラスタッフの方は大変なお仕事されてると思います。

また,画像をそのまま貼り合わせるんでなく,仮想のシールという設定にしたのもキャラ同士の干渉をなくすのに一役買ったのかな,と想像します。このゲーム自体がフィギュアの集まりという設定なのも同じことが言えますけど。
posted by Madick at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

Wii本体の8/7付更新

Wii

久しぶりのWii本体更新がありました。

その内容は…
・お天気チャンネルの内容をWiiメニュー上で確認
・ニュースチャンネルの内容をWiiメニュー上で確認
・ショッピングチャンネルの構成全体のリニューアル
(インターフェースの一新,メーカー・ジャンル・ソフト名からの検索)
・Wiiメニュー上に時計を表示

それぞれ良いんですが,デザインがどうもなぁ…。
あのいかにもデジタルな感じの時計なんとかならないんですかね。
Wiiを起動した時の顔になる画面なのだからもう少しこだわって欲しかった。
posted by Madick at 17:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ハードウェア論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

実用的ソフトの不具合発生リスク

任天堂ホームページにて,『がんばる私の家計ダイアリー』と『FOREVER BLUE
』の不具合が相次いで発表されているが,不具合が多く発生していることを咎めようとも思わない。早期に不具合の公表を進めている結果であるとも言えるわけだし,ゲームのバグが容認されていた時代とは異なって,昔ならば問題とされずとも現在なら問題となるケースが増加していることも確かだからだ。

だが特に注目してもらいたいのは,商品交換時『〜家計ダイアリー』はデータの引き継ぎが行われず,『FOREVER BLUE』もまだ不透明な状態。そしてもっと言えば,『〜家計ダイアリー』というソフトはゲームではなくて実用ソフトである。実用ソフトにおいては個人的なデータの蓄積もコンテンツの一部と捉えるべきだと思われるが,そのデータが引き継げないのはなかなか重大な問題だ。もちろん不具合のあるバージョンのソフトと新品の交換になるから,発売当時から現在までのデータをバックアップしたい場合はどうすればいいのかということになる。

ゲームは所詮ゲームだ。だが,実用的なものとなると話は別になってくる。期待されることがまるで違うのだ。例えばワードやエクセルに不具合があり,過去のデータを継承できないとすれば社会にどれだけ大きな問題が発生するだろうか?ゲームメーカーが娯楽以外へ参入することは,そういったリスクを孕んでいるということを改めて認識させられた。

それを踏まえた上で,構造的にどんな問題があるだろうか?前述のワードやエクセルは,記憶メディア(HDD)とアプリケーション(Word,Excel),ハード(PC)が分離されているため,アプリケーションだけを修復することが可能だ。したがって,インターネットを通じて直接アプリケーションを書き換えることもできる。Wiiも基本的にはこの形式をとっているが,アプリケーションはDVDメディア上から起動する方式(インストールしない)のため,アプリケーションをネットワークから書き換えることができない点では相違がある。

一番問題なのはDSで,DSの場合アプリケーションカートリッジ上に記憶メディアを載せているためアプリケーション単独での修復が不可能だ(色んな意味で)。もちろんこの方式にはメリットもある。カートリッジを持ち運べばデータを持ち運んでいることと同義だから,例えばPCのデータを運ぶ際は,いちいちモバイルメディアに移す作業が必要だがそれがない。だから他のDS上で簡単に状況を再現することが可能になっている。一方で先ほども述べたようにデータを分離させることができず,不具合時の交換にデータ移行を実現できない問題がある。これがゲームならやり直せばいい,で済んだかも知れないが,家計簿などの実用データであればそうもいかない。

この問題解決のためにどんな手段をとればいいだろうか。まず一点目として,物理的にデータを分離していなくとも,設計上データを分離させておき,アプリケーションの変化に対応できる構造を組むことだ。商品交換時にも「データ移行不可能」ということを言わずに,簡単にデータを引き継げるようサービス体勢を整えることも必要になる。

二点目として,DSのデータをフラッシュメモリなどに一時的に待避させられる商品を発売することだ。データ引き継ぎをユーザー側で単純に行えるような仕組みづくりがあればメーカー側にも負担が小さいし,ユーザーにとっても大きな問題にはならない。

三点目は非現実的かも知れないが,DSのカートリッジを書き換え可能なメディアに変えてしまうことだ。これによりインターネットを通じたアプリケーションの修復が可能となる。フラッシュメモリの価格も大きく下がったので不可能ではないだろう。このためにはDSの構造自体を変える必要もあるので次世代のDSで実現できると嬉しいのだが。

もちろんデバッグの方法を見直すことも必要だろう。特に今回の電卓のケースでは,通常電卓がはじき出した答えを鵜呑みにしてしまいやすいであろうし,デバッガーも例外でないように思われる。いずれにせよ,データを扱う実用ソフトが今後も発売されるというならば,それなりの対応は検討課題になる。ゲームソフトとはいえ,購入者はそれを間違いなく参考にするのだから,このようなバグのために,DSで何かを始めようとしたユーザーが,データを引き継げないリスクを懸念してモチベーションが下がることだけは回避して欲しいものである。

任天堂ホームページ
「がんばる私の家計ダイアリー」の不具合について
「FOREVER BLUE」の不具合についてのおしらせ

がんばる私の家計ダイアリー
任天堂 (2007/07/12)
売り上げランキング: 27

フォーエバーブルー
フォーエバーブルー
posted with amazlet on 07.08.04
任天堂 (2007/08/02)
売り上げランキング: 26

posted by Madick at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

すま村で会いましょう

どうぶつの森」の世界を戦場にしちゃうなんてw
もう何でもアリだな。


昔はマリオを戦わせることさえ躊躇していたのに
時代は変わったもんですな。
個人的には,どうぶつの森のキャラが出てくるのはうれしいけど
戦いの場として提供されてしまうのはちょっと複雑な気持ちになる。

スマブラ拳!! - すま村

おいでよ どうぶつの森
任天堂 (2005/11/23)
売り上げランキング: 47


どうぶつの森 e+
どうぶつの森 e+
posted with amazlet on 07.07.13
任天堂 (2003/06/27)
売り上げランキング: 2627

posted by Madick at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・余談・etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。