What's "任天論"

「ビデオゲーム」とは,先端エレクトロニクスと人間の根源的なエンターテイメント精神を融合した究極の2.5次元「娯楽」。「ゲーム業界」とは,並立するアーキテクチャホルダーと独立したコンテンツサプライヤーと初期集中型の消費者の集合。そして「任天堂」とは,京都における独特の経営スタイルと天に任せられた運から成る唯一無二の娯楽メーカー。

ビデオゲームは,少資源国日本において輸出率の高い,数少ないコアコンピタンスであり,高次の財です。それがどのように作られ,どのように遊ばれるべきなのか,日本経済の明日をも決める重要な論題であります。

このブログは,WiiとNintendoDSの情報を中心に,「任天堂」という視点からゲーム業界全体を見据え,考える「任天論」を展開したブログであり,任天堂好きの日記のような側面も往々にしてあります。任天堂好きだからこそ,無批判であってはならないというスタンスから,わりと厳しい内容になっています。

■ 姉妹サイト Satellaview Heaven -サテラビューヘブン- もよろしくお願いします! ■

2007年07月12日

E3の目玉は『WiiFit』

E3での任天堂プレスカンファレンスがありました。

大まかな流れとしては,WiiやDSがどれだけ多様な層に遊ばれているかなどの
これまでの同様の説明が多くを占めました。

ポイントとしては,以下のような感じです。

・いわゆるZapperコントローラの正式発表
・「マリオカートWii」の公開
・マリオギャラクシーの発売日が10月12日
・スマブラの発売日が11月3日
・いわゆる「ヘルスパック」の公開

Zapperについては,スーパースコープのような形状のオプションに,リモコンとヌンチャクを装着し,左手の親指でスティックを動かしながら右手でショット,という感じです。

マリオカートについては,DSのコースでデモプレイが流れました。実際のゲームに登場するかどうかは不明です。オンライン対戦可能で,ハンドル型のコントローラ付きで来年発売とのことです。

e3_2007_1.jpg e3_2007_2.jpg
e3_2007_3.jpg e3_2007_4.jpg

最後に宮本氏が登場して目玉として説明したのがヘルスパックである,「WiiFit」です。「Wiiバランスボード」という体重計のような板が新オプションとして発売されるようですが,これに乗ることにより,重心移動によってフィットネスをしたり,ヨガをしたり,または簡単なゲームもできるようです。

また,体重を量ってBMIを計算し,グラフにして家族と競い合うようなことができます。このような流れは,最近の任天堂のゲームではもはや当たり前のようになってきました。ゲームをコミュニケーションの道具として使うというコンセプトを体現してきている感じです。

実は講演で実際にプレイされたのですが,重心判定がうまく動かないというハプニングが最初から最後まで起こっていて,まだ開発途上の感じを匂わせていました。

某掲示板では深夜の通販番組と揶揄される場面もありましたが,確かに昨今の日本でのビリーブームもあり,アメリカでも肥満問題は常にあるようですので,ある程度ニーズに見合った商品として見ることができると思います。

あと書き忘れましたが,当初の目玉と言われていたWiiWareについては一応触れられたものの特別な発表はなかったように感じました。


詳細: Nintendo E3 2007 (NOA公式)
posted by Madick at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

Wiiでもあの厳しくも励まされるエクササイズ

近頃ちょっとお腹が出てきたので,WiiSportsのボクシングで必死に汗かいた。

あれ,やり込むと分かるけど,ただ殴るだけだと完全にガードされるし,
左右にちゃんと動きながら的確に狙わないと,返り討ちを必ず食らう。
真剣になってしまったが,なかなかいい運動になった。





ふと思った。


「ビリーズブートキャンプ on Wii」

発売してみる?



Wii Sports
Wii Sports
posted with amazlet on 07.07.08
任天堂 (2006/12/02)
売り上げランキング: 53


Bootcamp Elite Mission One: Get Started
(2006/12/05)
売り上げランキング: 5

posted by Madick at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・余談・etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

脳トレCMなどでおなじみ,中江真司さん死去

声優・ナレーターの中江真司さんが,28日,肝細胞ガンで亡くなられました。


中江真司さんと言えば,脳トレシリーズなどを初めとして,
DSやWiiのゲームCMの数々のナレーションを担当してきましたが
3月からは静養に入られていて,窪田等さんが代役を務めていたそうです。
ハァ…知らなかった。

その他にも感情を込めない読み方で定番となった,トリビアの泉のナレーションや
特撮ものでは,仮面ライダーとウルトラマンの両方を務めているなど
第1戦で活躍されていました。

特に,ヒーローものでの勇ましげなナレーションがメインであった時代から,
トリビアで淡々としたナレーションで高い評価を得たことは,
好き嫌いを作らない,万人に受け入れられやすいナレーションとして評価され
その要素は,世代を超えたゲーム機としてのDSのコンセプトとマッチしたために
起用されたのでは,と想像します。


任天堂のCMで,もう彼のナレーションを聴けないというのはやや寂しくもありますが
あのCMの手法に,ややマンネリ感もあったことも事実ではあります。
そろそろ違ったもっと華やかなCMに変えていってもよいのではないでしょうか。

トリビアの泉ナレーション中江真司氏死去 - 芸能ニュース : nikkansports.com
中江真司の出演作品一覧 - Wikipedia

仮面ライダー(エターナル・エディション)
TVサントラ 藤岡弘 メール・ハーモニー 中江真司 藤浩一
コロムビアミュージックエンタテインメント (2002/07/20)
売り上げランキング: 3166
ラベル:中江真司 CM 声優
posted by Madick at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告・宣伝論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

スマブラX 時のオカリナメドレー

スマブラ拳!! - 「時のオカリナメドレー」

時のオカリナの楽曲をメドレーにした一曲です。
このアレンジなかなか好きです。

というか,今までこういうアレンジを誰もしなかった?というように思います。
今までゼルダ系のアレンジっていうのは原曲のメロディを大切に残して
アレンジしたようなのしか聴いたことが無かったと思うので,
このメドレーは原曲をリミックスして新しい1曲を作り上げたというような感じがあって
すごくいいですね。

スマブラって子供向けゲームのように捉えられがちだと思うんですが
こういうとこ見てると大人の文化だなぁと思ったりします。(何が?)


ゼルダの伝説/時のオカリナ リアレンジ・アルバム
ゲーム・ミュージック MOKA 白鳥英美子 戸田昭吾 宮本茂
徳間ジャパンコミュニケーションズ (1999/12/22)
売り上げランキング: 8083

posted by Madick at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

著作権論議の方向修正を

番組無断ネット配信、規制交渉が決裂・WIPO採択は無期延期デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

近頃,著作権というキーワードが記事にならない日は少ないぐらい話題のテーマだ。
YouTube,Winnyといった先駆的な仕組みが,これまでの規制の枠に収まらず,新たな枠組みを作ろうとしてなかなか前に進まない,ということが多い。
この記事では,先進国はいわゆる「海賊放送」に反対しているが,BRICsと呼ばれる新興国(すなわち発展途上にある国)に含まれるような国では,むしろそれが教育などに役立ち,良いと言うのだ。

しかし,反対している「先進国」って一体誰なんだろう?
先進国に含まれる日本国民だって,欧米諸国の国民だって,やっぱりインターネットで様々な動画情報を得られることは有益だ。それに反対なんてしていない。反対しているのは,利用する側ではなく,一人の人間でありながら莫大な力を持つ著作権者の一部の人たちに他ならない。

IT,ITと騒がれていた時期には,デジタルデバイド(情報格差)という問題も心配されたが,ブロードバンドインフラの普及は,そういった動画情報が得られなかった人々にも,簡単にそれらを得ることができるようになり,格差は逆に縮まったと言えるかもしれない。ただし,そういったインフラさえもない国にとっては格差は広がったにしても。インドやブラジルが,教育のためにそういった動画が役に立つ,というのは,情報財の再分配機能がインターネットによって働き,逆に喜ばしいことであるとさえ思える。

必要なものが,必要な人のもとに届き,余っているものがあればそれを持たない人の手に届くことが経済の本質だ。ある場所にモノやカネが集中し,ないところからさえも搾取されるようなことは本質ではない。しかし,実際に起こっていることは後者だ。なぜそうなるのだろうか。

著作権は大事だ。著作権は,著作者にとって著作するためのインセンティブとなる権利のことだ。だが,この一連の著作権論議では,欠けていることがある。それは,「著作権」に対する考え方やその概念について,もう一度立ち止まって議論することなく,既存の著作権者の権利を守ることに特化してしまっていることだ。だから,富や財の再分配が行われずに,既得権益者に富が集中する仕組みを作り続けるだけであり,消費者がそれに反発するのだ。

アメリカがディズニー作品の何作かの著作権期間を延長したことは有名な事実だが,これはコンテンツの保護貿易にあたるものだ。保護貿易策はその国家の弱体な産業に対して行われることが通例であるが,ハリウッドなどコンテンツを生み出す力はあるにも関わらず,これはディズニー一企業を守っているに過ぎない。そのことは,アメリカの消費者のみならず世界の消費者にとって機会費用を生み出していると言える。
こういったように,ある企業やある著作権者を守るためだけに法律が改正されたり,著作権論議が展開されることはフェアではないし,我々にとって逆に損失なのである。

ではなぜ「著作権」の概念について考える必要があるのか?
続きを読む...
posted by Madick at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・産業論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

過去記事をインポート。

過去記事の引っ越し完了。

こちらのエクスポートツールを使わせてもらいました。
雨ブロはエクスポートができないので…。

しかし雨は度重なる仕様変更のせいか,書き出しても,ログの改行とかが統一とれてなさすぎて困った。
結局一部手書きで修正しましたが,この雑さには参った。
posted by Madick at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・余談・etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。